産業医

先生の嘱託産業医アルバイト探しは間違いだ(1)

先生の嘱託産業医アルバイト探しは間違いだ(1)

産業医のアルバイト

産業医のアルバイト

日本国内には産業医が多数いらっしゃいます。否、産業医が勤務できる場所が多数存在していると言ったほうが正しいでしょう。

産業医は簡単に言えば企業の用心棒医師です。企業には顧問弁護士や公認会計士などが置かれている場合が多いのですが、産業医も同様に企業活動を影から支える一員ということです。

通常の医療機関で働く臨床医が活躍の場を広げて産業医として仕事をするというパターンも良いですが、今現在すでに産業医として仕事をされている先生が別の企業においても産業医を務めるという選択肢を選ぶ先生もいらっしゃいます。

生活の手段として分類すると、産業医という仕事だけで生計を立てる先生もいらっしゃいますが、アルバイトと言ったら失礼ですが、本来働く医療機関を持っていて、本業の勤務の合間に産業医として働いている先生が多いのです。

嘱託産業医アルバイトの正しい姿とは?

どちらかと言えば後者のような立場の医師が多いため、転職を考えている先生だけではなく、現在の勤務先で仕事をしながら、さらなる高収入を求めている先生にとって、産業医のアルバイトは理想的なアルバイトでしょう。

企業側の産業医需要は多く、産業医の働ける事業所(産業医を選任せねばならない事業所)も非常に多い一方、実際に働いている産業医はわずかにとどまります。大きなミスマッチが存在します。需要に対して実働産業医が不足しているのです。この市場の歪みはビジネチャンスです。これから産業医を目指すのは悪くないでしょう。ですから、産業医資格の取得をお勧めします。

最初に断っておきますが、産業医求人情報は注意して探さねばなりません。
なぜでしょうか?

産業医の募集求人を医師個人が探すのは簡単ではないため、医師は医師紹介会社に頼ろうとします。試しにインターネットで探してみてください。自社のホームページで産業医募集をしている企業はあるものの、実数はごく少数にとどまります。並み居る大企業は産業医専門医師紹介会社に依頼しているのが実情です。企業側も医師の登録数が多い医師紹介会社に依頼したほうが効率よく産業医を採用できるからです。

しかし、それでは悪質な産業医専門医師紹介会社の思う壺です。

悪質な産業医専門医師紹介会社は登録しておけば求人メールが多数来るので楽なようですが、応募しても普通に落とされます。登録産業医の数が多いため、ひとつの求人に応募が殺到するからです。書類選考で落とされることも珍しくありません。面接まで進んでもライバルが複数おり、契約に持ち込むのは意外に難しい世界なのです。それもそのはず、産業医の選考は「医師」としてではなく、「サラリーマン」としての選考ですから、臨床医の世界の常識は通用しません。我々がサラリーマン社会のしきたりに合わせても仕方ないでしょう?だから気にするには及びません。

悪質な産業医専門医師紹介の悪質たる所以

悪質な産業医専門医師紹介会社を通すと(企業から紹介会社に)高率の仲介料が発生するため先生の取り分は当然少なくなります。好条件が出ることは稀です。産業医の給料の相場が「相対的に高いから」、悪質な産業医専門医師紹介会社はそこで利鞘を稼ごうとします。悪質な産業医専門医師紹介会社を通してしまうと手数料が35-45%にもなります。医師の給料とは別に、医師の給料の35-45%を医師紹介会社に払う必要があるわけです。それが、大手の産業医専門医師紹介会社に掲載されている求人の給与が軒並み低い原因です。そういうところの利用は避けてください。

条件の良い嘱託産業医案件を見つけたい先生はMCドクターズネット(株式会メディカル・コンシェルジュ)にご相談ください。MCドクターズネットは産業医求人を多数持っており、ノウハウもあります。そして何より親切丁寧、面倒見がとても良い良心的な会社です。ペーパー産業医の先生でも安心して利用できます。

[PR]産業医のお仕事を探すなら、産業医求人数業界トップのMCドクターズネットは外せません。今すぐ登録してください!

先生の嘱託産業医アルバイト探しは間違いだ(2)に続く。

-産業医
-

© 2021 産業医紹介会社比較ランキング