産業医

女性産業医の強み

女性産業医の強み

女性医師

女性医師

子育て中の女医は、子どもの送迎をしなければならなかったり、子どもが熱を出した時には急に休まねばならないなどハンディキャップがあると思われています。確かにそういう面も否定できません。いつでもフルで働ける男医に比べれば。
[PR]産業医のお仕事を探すなら、産業医求人数業界トップのMCドクターズネットは外せません。今すぐ登録してください!

ところが、産業医の世界においては女性医師であることのアドバンテージが少なくないのです。

女性の社会進出は世界的潮流です。欧米諸国に比べればまだまだの感もありますが、わが国も例外ではなく、企業で働く女性が増えています。結婚、出産、育児を経ても仕事を続けている女性が増えているのです。これからの少子高齢化時代、企業はこれまで以上に女性の労働力を幅広く活用していかなければならなくなります。

こんな時代背景のなか、女性の産業医はますます貴重な存在になります。

女性特有の病気への対応も柔軟にできますし、子育て経験があることで、育児との両立の苦労も身をもって共感でき、現実的なアドバイスや対応策を考えられます。逆に、独身女性・子どもがいない女性の複雑な葛藤も理解できます。さらに言えば、奥さんが働いている男性社員の置かれた立場や特有の苦労も理解できるのです。

育児中でフルタイム勤務が難しい女性医師なら、嘱託産業医がオススメです。フリーランス医師の有力なライフスタイルが、嘱託産業医です。基本的に月一回の勤務ですし、出勤する曜日や時間帯はその都度フレキシブルに変更できることがほとんどです。せっかくお持ちの先生の力をもっと活かしていただければ幸いです。

-産業医
-

© 2021 産業医紹介会社比較ランキング