産業医

産業医年収の幅を理解する。

産業医の年収の幅

産業医の年収

産業医の年収

産業医の収入は、専任産業医と嘱託産業医で大きく異なります。産業医の収入の相場について論じます。産業医の報酬は、中小企業との嘱託によるものと、大企業の専任によるものとに分かれます。中小企業における嘱託産業医には開業医がアルバイトとして勤務している場合が多くなっています。一部の勤務医もアルバイトとして行っています。
[PR]産業医のお仕事を探すなら、産業医求人数業界トップのMCドクターズネットは外せません。今すぐ登録してください!

嘱託産業医の報酬は契約する企業の規模や業種によって違いがありますが、およそ5万円~20万円前後です。月一回の安全衛生委員会への出席、巡視が主な任務です。復職面談や検診の結果を踏まえた個別指導が生じた場合には別途費用が支給されます。

専属産業医の報酬は、嘱託産業医と同様に企業の業種や規模により異なってきます。卒後およそ5年未満で大企業専属産業医として勤務する場合、週4日勤務で年収800万円前後となります。卒後5年以上10年未満の場合、週4日勤務で800万円~1000万円未満となります。このように、臨床医に比べて昇給が少ないのが専属産業医の弱点といえるでしょう。

外資系企業の場合は、英語スキルが必須となるため日本の大企業の報酬より10%程度高くなると言われています。卒後20年程度で週4勤務なら1600万円程度になるとのデータもあります。しかしながら、昇給が1000万円程度で止まる企業もありますし、退職金が出ないという企業もあります。専属産業医になる場合は昇給と退職金について事前に調べておくことが必須であるといえるでしょう。

専属産業医になりたいが、給料が安いのは嫌だという先生。高い給料の求人を見つける方法をお教えしましょう。簡単にいうと不人気案件を探すことです。立地条件が悪い、業種自体が人気が無い場合には相場よりも多少高めの給与を提示されることが多いのです。少しでも高い給与を追求したい先生はそのような案件を探すことをお勧め致します。ただし、この話には残念なオマケもあります。
「逆もまた真なり」なのです。
つまり、人気エリア、人気業種の専属産業医は報酬金額が下がる傾向があるのです。

専属産業医になる先生にはじゅうぶんな下調べをすることを強くお勧め致します。

-産業医
-

© 2021 産業医紹介会社比較ランキング