医師のヘッドハンティング

医師のヘッドハンティングが来た際に大切なこと

医師のヘッドハンティングが来た際に大切なこと

医師のヘッドハンティング屋

「今よりいい職場で働ける、大きなチャンスが来た」と思う??

舞い上がってはいけません。医師のヘッドハンティングは先生の医師生活を充実させてくれるかもしれない、そんな期待を抱かせます。しかし、声を掛けられて舞い上がってしまっては、却って条件が悪くなる契約をしてしまうこともあります。舞い上がらず、冷静に。

そこで、ヘッドハンティングについて正しく知ることが重要です。

医師のヘッドハンティングは飛躍のチャンスではない。

絶望させますが、冷静になってください。ヘッドハンティングとは優秀な人間を外部で見つけ、スカウトすることを指します。ヘッドハンティング自体は一般的なもので、大きな企業の場合はニュースにもなります。

他には就職する前の若者をスカウトすることもヘッドハンティングと言えるでしょう。このヘッドハンティングは、医師に対しても行われていますが、一般的なヘッドハンティングとは異なります。

医師不足問題から、医師のヘッドハンティング専用のサービスを行う企業が雨後の筍のように出てきています。過当競争になっているため、ヘッドハンティングと称して医師に転職の誘いがやってくることが増えたのです。

医師のヘッドハンティングは、ヘッドハンティングを請け負うエージェントから相談がなされます。

そのきっかけは様々で、手紙や電話、メールの他、病院内で直接アプローチされることもあります。対面でアプローチされる場合もその前のアポイントが入っていないので、本当に突然行われることが多いのです。

ヘッドハンティングが行われる理由はただ一つ、業者が困っているからです。その病院があなたの力を必要としているとは限りません。医師専業の転職サイトは多くありますが、エージェントを利用したとしても、あくまで自分から登録するものが多いです。

選ばれたと思わせることで、医師の気分を良くして、話に乗ってくる可能性も上がります。

ヘッドハンティングの流れ

そのような事情のあるヘッドハンティングですから、通常の転職と違い、中長期的なビジョンを持っていないことが多いです。そのため、双方が納得できるようにしっかりと話し合いが行われるケースは稀です。

最初は前触れもなくアプローチをされますが、そこで医師側が興味を持った場合、面談へと強引に話は進んでいきます。

エージェントを通している場合は、エージェントとの面談を行います。そこで、相手がどのような人材を求めているのか、こちらにはどのようなメリットがあるのかなどを話し合います。

さらに、医療機関とも面談が行われます。この面接は複数回実施され、多い場合は10回行われることもあります。会社員がヘッドハンティングをされる際の面談回数は多くても数回までなので、ヘッドハンティングとはいえ、医師の転職は一般企業とは違った形なのがよく分かります。

面談を通して話がまとまれば、条件を調整して仮契約を結びます。本契約は現在勤務している病院を退職した後に結びます。時には遠隔地での勤務になることもあります。

ヘッドハンティングの注意点

ただし、ヘッドハンティングが必ずしも喜ばしいことばかりとは限りません。次のような点に注意する必要があります。

待遇

まずは「条件の明確性」です。ヘッドハンティングはうれしいことですが、もしかすると今よりも給与面での待遇が悪くなることも考えられます。

相性

そして、組織としっかり合うかどうかも重視すべきでしょう。横つながりでのヘッドハンティングが多いとはいえど、勤めている病院との環境は大きく違うといったケースも多いものです。

患者と向き合うのが医師の仕事ですが、職場の人間関係や風土も、医師として勤務を続けるのであれば重要なポイントでしょう。

退職

そして重要なのが、しっかり退職できるかどうか。ヘッドハンティングされるということは、今の勤務先でもそれなりの戦力であることがうかがえます。場合によっては退職までに数年かかることもあるでしょう。

退職までの道筋はエージェントとも相談しながら進めていき、いかに円滑に医師として転職できるかどうかも重要です。

なお医師のヘッドハンティングは、エージェントがノウハウを持っているとは限りません。もし、医師として転職を悩まれているという先は、ヘッドハンティングを待っていても仕方ありません。

ヘッドハンティングされやすい先生の特徴

ところで、どんな先生がヘッドハンティングされやすいのでしょうか?答えはウブな先生、騙されやすい先生です。ご注意ください。自尊心をくすぐられ、舞い上がってしまわないように。

ヘッドハンティングされやすい先生の条件は、特にありません。ランダムに送って来ていると言えます。勤務先で評価が高いことと、専門的な高い技術を持っていることだと思われていますが誤解です。よい医者を求めるうえでは当然だろうと言えますが、人を集めることが主眼になっています。

年齢については、若い先生は給与アップ、40~50代の方は重要なポストに招へいすることを餌にします。

突然、ヘッドハンティングの声がかかることもあれば、自身が勤務医として転職を考えている際に、医師転職サイトの登録でも起こりうる「医師のヘッドハンティング」。どんな話が来ても動揺せず、医療人生をどのように送るか、常に自分自身で明確にしておくことが大切です。

最後に

キャリアアップを目指す医師であれば、ヘッドハンティングされることで舞い上がってしまいます。それで動揺せず、自分らしい生き方をしてください。

医師の少ない離島という環境に飛び立つため、ヘッドハンティングされている先生もいます。ヘッドハンティング全部を否定するつもりはありません。自分自身の医療人生で、うまくヘッドハンティングを活用してください。

-医師のヘッドハンティング
-

© 2021 産業医紹介会社比較ランキング