産業医

産業医は不足している

産業医は不足している

産業医の業務

産業医の業務

産業医として働くには医師免許だけではなく認定産業医の資格が必要です。また、産業医は50人以上働く企業であれば嘱託産業医、1,000人以上の事業場では専属の産業医を1名選任しなければなりません。3,000人以上の労働場は専属産業医を2名選任、有害業務をおこなう事業場であれば500人以上の規模で専属の産業医を選任する必要があります。 産業医は会社員の健康管理を主に仕事としており、基本的に定時上がりが可能です。企業側は仕事に悩む社員が増えているので、社員のメンタルケアにも対応できるような医師を求めています。精神科で働いた経験のある医師は評価が高いです。


[PR]産業医のお仕事を探すなら、産業医求人数業界トップのMCドクターズネットは外せません。今すぐ登録してください!

医師の人材不足のなかでも、産業医は医師不足が深刻です。認定産業医の資格持っている医師が多いのに、なぜ医師不足が起こってしまうのでしょうか?

日本全国にある50人以上の事業所数は膨大です。その数だけ産業医が要るのです。実際に資格を有する産業医は8万人と言われていますが、それに対して全国の事業場は16万箇所以上、そのうち50人〜99人の事業場は10万箇所以上になります。 産業医資格保有者がおよそ8万人と言われていますから、1事業場に1産業医であっても不足状態です。産業医不足になるのも無理からぬことです。

その一方、引く手あまたと思いきや、産業医は思うような就職先に恵まれないというミスマッチが起こっています。

産業医は主に掛け持ちで働く医師が多いのですが、自身が働く病院での仕事が忙しく中々産業医のほうの仕事に手が回らないからです。

しかし、悪い話ばかりではありません。自分のペースにあわせて働ける産業医求人もあります。自営業の会社で産業医として働けば自分のペースで引き受けることも出来るし、急な仕事が入ったときは優先して連絡してくれるのです。

勤務時間はその企業に合わせて出勤退勤出来ます。基本的には9時5時勤務か可能です。企業の時間帯が自分の働く条件にあっていればいれば効率良く働けます。

産業医専門医師紹介会社がありますが、その問題は手数料の高さです。
産業医報酬の35-45%を企業側に請求する。そのため、企業側は産業医報酬を低く抑えてしまう傾向があります。

世の中には産業医報酬の相場というものがありますが、そのような会社は相場を無視して低い報酬で産業医を働かせようとします。条件を見て呆れてしまいますが、企業を責めても始まりません。産業医報酬の半分近くの手数料を産業医専門医師紹介会社から請求されているのです。

この問題を回避するには、産業医求人を探す際に、手数料は何%なのかを医師紹介会社に確認することが重要です。尋ねれば教えてくれるはずです。その手数料が高すぎる場合は、その紹介会社を利用するか否か、一度冷静に再検討頂いたほうが良いでしょう。

産業医科大学のホームページに義務年限終了後も、そのまま産業医を継続してください。産業医は不足しています。と明記されているように、産業医、とりわけメンタルヘルス対応のできる専属産業医は不足しています。日本国内の医師4人に1人(8万人前後)が産業医の資格を持っているにも関わらず、です。産業構造の変化や雇用環境の悪化等により、いわゆる「ブラック企業」が蔓延る御時世です。事業所における労働者の健康管理の必要性の範囲は拡大しつつあります。産業医は、従来からの職業性疾病に加えて、過重労働による脳・心臓疾患やストレス関連疾患、あるいは労働環境中の新規化学物質による健康リスクの対策、生活習慣病など多様な問題に対応しなければなりません。とりわけ重要になってきているのは、過重労働やメンタルヘルスの問題です。具体的には、うつ病への対処が産業保健にとって重要な項目となっているのです。専属産業医が不足しているなら、産業医の資格さえあれば楽勝だろ?そう思った先生、残念ながらそうではありません。産業医というものはあくまでも「会社員」なので、医師としての資質が高ければまず採用される一般医療機関における採用の常識は通用しません。実際に、一般企業の産業医の内定率は20%程度にとどまります。産業医の選考は書類選考でかなり落ちますし、面接でも容赦なく落ちます。産業医の選考は「医師」としてではなく、「サラリーマン」としての選考なので仕方ないのです。

では、どんな先生が強いのか?それは、圧倒的に精神科医が強いです。メンタルヘルスに力を入れたいと思っている企業が増加しており、精神科医は産業医として重宝されます。また、メタボリックシンドロームや生活習慣病が増えれば健保組合の支出が増えるため、生活習慣病に造詣の深い先生も採用される可能性は高いです。

MCドクターズネットは産業医の求人を多数扱っており、かつ良心的な手数料です。産業医求人をお探しの先生にお勧めの会社です。

-産業医
-

© 2021 産業医紹介会社比較ランキング