産業医

産業医になるということ

産業医になるということ

産業医になる

産業医になる

医師の4人に1人が所持する産業医資格。でも活かせていない先生が多いですね。当直も呼び出しも無い専属産業医は転職の選択肢として有力なものになり得ます。産業医の仕事は一言で言えば労働者の健康を管理する仕事です。事業所の労働環境が悪ければ事業者に改善を助言することもできます。産業医の設置数は事業所の在籍人員数によって定められています。常時500人以上の労働者のいる事業所は専属産業医を選任せねばなりません。3,001人以上の事業所なら2人以上選任せねばなりません。専属産業医は不足しています。売り手市場です。美味しい案件をじっくり選びましょう。
[PR]産業医のお仕事を探すなら、産業医求人数業界トップのMCドクターズネットは外せません。今すぐ登録してください!

産業医の具体的な職務内容は以下のようなものです。
・健康診断
・作業環境の管理と改善
・健康管理
・衛生教育
・職場巡視

最近の傾向として産業医の職務において過重労働、特にメンタルヘルスケアが重要になっていきています。従業員からの精神的な悩みの相談を受ける、月100時間超の残業をする労働者の精神的ケアをする、休職・復職に関する相談などが精神的サポートをするなどが重要な仕事になってきています。

産業医となれば一般臨床医とは異なり、医師の技量と経験で患者を「診療する」のではなく、予防的な介入を通じて「病気を未然に防ぐ」ことに重きを置くことになります。臨床医とのスタンスの違いに戸惑う先生も少なくありません。産業医の道を選ぶかどうか迷った際には、この点を留意して下さい。

最初から専属産業医になるのはハードルが高いかもしれませんね。そう感じられた場合は嘱託産業医のアルバイトで慣れてから専属産業医に移行するのが良いでしょう。

-産業医
-

© 2021 産業医紹介会社比較ランキング