医師紹介会社

7対1バブルは終わった。看護師紹介会社の淘汰は待ったなし

7対1バブルは終わった。看護師紹介会社の淘汰は待ったなし

看護師紹介業

看護師紹介業

2014年4月1日になりました。2014年度診療報酬改定でメスが入れられた7対1病床、「患者7人に看護師1人」を置く病床です。政府は2015年度までに7対1病床を9万床(25%)削減する計画です。さらに悪いことに、7対1入院基本料を算定する特例の撤廃も予定されています。通常入院が90日を超すと入院費は下げられ、病院の収入は減ってしまいますが、7対1には難病などの患者なら90日超でも入院費を下げない特例が設けられてきました。しかし、その7対1等の特定除外制度が今年10月1日から見直されてしまいます。7対1入院基本料を取るための看護師争奪戦は一息つきそうですが、逆に7対1バブルに乗ってきた看護師紹介業はこれから正念場を迎えます。

昨年、大阪私病協組合の内部調査が話題になりました。7対1入院基本料を算定する民間病院が看護師を確保するために紹介会社へ支払う手数料は年間で1,000~2,000万円規模にのぼることが明らかになったのです。一例としてあげられたケアミックス型病院では、医師と看護師を確保するために年間6,000万円も投じていとのことでした。同組合に加盟する300床規模の病院では6ヶ月間で看護師30名の紹介を受け、紹介手数料は合計2,018万円1,000円とあります。また別の病院では1年間に看護師23人の紹介を受けて紹介手数料が1,417万円であったが、23人のうち4人が3ヶ月以内に退職したとのとあります。

看護師紹介料は医師に比べて定額ですが、数が多いためトータルでは大きくなります。看護師紹介業の市場規模は医師紹介業よりも大きく年間250億円のマーケットです。年間約15万人いる就職・転職者のうち、4万人前後が利用する大きなマーケットなのです。

複数の紹介業の方が口を揃えるのは、

「看護師は離職率が高いので難しい。」

ということです。女性が圧倒的多数の業種ですから結婚、出産で休む・退職することも多いですし、夜勤があってハードな仕事です。仕方ない面が多いですが、紹介業を利用して入った職員に離職を繰り返されれば紹介料の無駄はどうしても大きくなってしまいます。非効率と言ったら言い過ぎかも知れませんが、看護師紹介業はそれに助けられていた面が大きいでしょう。

転職、アルバイトをお考えの先生、看護師さんは以下のフォームよりお問い合わせください。

-医師紹介会社
-

© 2021 産業医紹介会社比較ランキング