医師転職

医師が転職する理由

医師が転職する理由

医師転職

医師転職

医師に限ったことではありませんが、転職を通じて何を実現したいのかを明確にすることは重要です。サラリーマンの転職の場合、転職理由はもちろん、自分の性格・長所短所までしっかりと把握した上で(就活用語で「自己分析」と呼ばれる)面接に臨むのが一般的です。医師の転職においては、売り手市場ということもあってサラリーマンのように熱心に自己分析するケースは少ないのですが、「自分がなぜ転職したいのか?」という理由づけはしっかりしておいた方が良いでしょう。なぜなら、転職したい理由を整理できていないと、最終的に誤った選択をしてしまう可能性があるからです。「本当はゆったり勤務できる病院で家族との時間を大切にしたかったはずなのに、一時の高額条件につられて忙しい病院に入職してしまう」といった風に、理由づけが曖昧なせいで転職に失敗してしまう例も珍しくありません。

医師の転職理由の実際

では、どういった理由で転職をする医師が多いのでしょうか?医師の転職動機については、様々なサイトで調査結果が報告されている。サイトによって結果にバラつきはあるものの、例えば株式会社アンテリオはこのような調査結果を報告しています。

転職を考える理由(※今後の転職意向で「近い内に、転職をしたい/現在、転職活動を行っている」「将来的に転職したい」と回答した医師ベース)出典:株式会社アンテリオ「医師の転職意向に関する調査」
転職検討・活動中の医師に対して行われた「転職を考える理由」の結果を見てみると、「高収入を得たい」「勤務時間を減らしたい」など、労働条件面の回答が多くなっています。一方で、「理想的な医療を提供したい」「スキルを活かせる診療を行いたい」「スキルを高めたい」など、医師としての自己実現や成長を理由に転職を考える方も多いようです。また、女性の場合は育児を機に転職を考える方が多くなっています。一方、次の調査結果は、転職経験のある医師に「転職した理由」を聞いたものです。先の調査と結果が異なっているのが興味深いです。
転職した理由(直近の転職について) ※転職経験がある医師ベース 出典:株式会社アンテリオ「医師の転職意向に関する調査」
こちらの結果からは、実際に転職を意識し始めたきっかけとして、「施設・医局の方針と合わなかった」「理想的な医療を提供したかった」「スキルを活かしたかった」「スキルを高めたかった」など、環境面への不満や物足りなさを挙げている医師が多いことが分かります。収入や勤務時間については、「転職を考える理由」と比べて回答者が少なくなる結果となっています。医師は労働条件面での不満から転職を意識し始めるものの、最終的に転職を決める理由となるのは、自身の医療観と職場環境の相性のようです。

転職を考えている先生にまずお勧めしたいのが、エムスリーキャリアです。m3.comを運営するエムスリー直系の医師紹介会社です。 圧倒的な求人数、一般には出回らない好条件の「非公開求人」が多数あります。 「転職活動を始めたいけれど、どの医師紹介会社に登録すればよいか分からない。」 という先生にイチオシの会社です。1分で登録できてしまいますので、この機会に是非ご登録ください。

-医師転職
-

© 2021 産業医紹介会社比較ランキング