産業医

産業医の業務は実際どんな風なんですか?

産業医の業務はどのようなものか

産業医の業務

産業医の業務

産業医は、産業社会における企業の活動を医師としてサポートするものです。一定の規模以上の企業や企業の各事業所では、産業医の選任が労働安全衛生法により義務付けられています。産業の担い手である企業従事者が健康を維持し、健全な企業活動を行ってはじめて産業の発展があるとも言えるでしょう。

[PR]産業医のお仕事を探すなら、産業医求人数業界トップのMCドクターズネットは外せません。今すぐ登録してください!

産業医は、企業従事者すなわち所属社員が健全かつ快適な職場環境で仕事が行えるようにすべく、医師の立場から指導やアドバイスを行います。産業保険の理念や労働環境衛生の専門知識を持っていなければなりません。企業労働者の健康障害を予防し、健康な状態を維持増進するための活動を産業医の専門的立場から遂行します。

産業医になるための要件

産業医になるためにはいくつかの要件があります。まず厚生労働省の定める産業医研修を修了すること。労働衛生コンサルタント試験に合格すること。大学において労働衛生を担当する教授・准教授・常勤講師の職にある者またはあった者。最後に厚生労働省の定める者であること、などが条件です。大方の先生は産業医研修を受けられて産業医になる道を選ばれるでしょう。

産業医を選任する企業の要件

実際に産業医を選任する企業の条件としては、常時1,000人以上の労働者を使用する事業場のうち規則に定められた特定有害業務をおこなう場所には1人以上の産業医が選任されます。常時3,000人以上の労働者の事業場には2人以上の産業医が選任されます。50〜999人の事業場では産業医は非常勤すなわち嘱託産業医が可能です。産業医は勤務医や開業医が嘱託産業医として兼任するケースが多くなっています。しかしながら、特定有害業務をおこなう500人以上の事業場では専属産業医の配置が義務付けられています。50人以下の小事業場は地域産業保健センターで担うことになっています。

産業医の具体的な職務

産業医の具体的な職務を挙げると、労働者の健康診断や診断結果に基づく措置。作業環境の管理や改善。産業医の専門的立場での作業管理。日常の企業労働生活全般での労働者の健康管理。健康維持のための社員教育。社員の健康相談。労働衛生教育。健康障害がおこった際の原因調査や再発防止措置。月一度以上の職場巡回などが挙げられます。

-産業医
-

© 2021 産業医紹介会社比較ランキング