医師のヘッドハンティング

医師のヘッドハンティング屋の顧客は困窮する医療機関だ

医師のヘッドハンティング屋の顧客は困窮する医療機関だ

医師のヘッドハンティング

医師のヘッドハンティング

全国に散らばる、困窮する医療法人は、診療報酬の改定による収入の減少や慢性的な医師・看護師不足からくる経営不振の問題をはじめ、医療の高度化・複雑化や患者意識の高まりが引き起こす医事紛争・医療過誤訴訟の増加と賠償金額の高騰という事態など、様々な難局に直面している。その日その日の経営をまさに自転車操業で回して行っているのだ。資金がショートしたら一巻の終わりだ。

どんな手段でも使って経営改善を

病院経営の舵取りが難さを増す中で、医療法人はサバイバルのためにありとあらゆる手法を駆使して経営改善を図らなければならない状況にある。人道に反しようが、上品さを欠こうが、法の範囲内ならばセーフ。まさに待ったなしなのである。とりわけ優秀な医師の確保と、その医師をはじめ医療従事者の負担をできる限り減らすための効率的な地域医療連携が、病院経営を左右するといっても過言ではない。医師のヘッドハンティング屋はその一旦を担う役目を果たしている。その要望に応えるべく、あの手この手で医師を確保していかねばならない。

医師紹介会社だけでは難しいという意見

医師紹介会社からの紹介を求めている医療法人も少なくない。しかし、臨床系勤務医師の総数は現在約20万人で、そのうち人材紹介会社に登録している医師はわずか3~5万人にすぎない。つまり、医師紹介会社の利用だけでは、限られた少数の登録者から紹介されるのを待つしかないのが現実だ。患者に喜ばれる医師は、技術や能力のみならず人間性をも求められる。そのような優秀な医師を発掘するには、登録された医師だけではなく、未登録の全ての医師対象にアプローチする必要があるのは言うまでもない。医師のヘッドハンティング屋はあらん限りの手練手管を用いて多くの候補者の中から潜在的に転職意思を有している優秀な医師をリサーチする、ということになっている。しかし、実際は・・・

そこまでしないと集まらないのか?

冷静に考えて欲しい。そこまでしないと医師が集まらない病院の競争力は弱い。医師のヘッドハンティング屋の顧客は困窮する医療機関。困っている医療機関は藁をも掴むですがってくる、というビジネスモデルなのだ。医師の頭数だけ集めてもダメである。医師が自然に集まるような病院にすることのほうが先決だということがわからないのだろうか。

ベテランの先生は医師のヘッドハンティングより専門の医師紹介会社を使うべし

ベテランの先生は医師のヘッドハンターからの連絡を待つより、専門の医師紹介会社を利用されたほうが良いでしょう。
40歳以上の医師の場合は、それまで培ってきた経験やスキルがある分、働き方も千差万別である。そのため、ネット上などで公開募集している求人との単純な突合せだけでは、良い転職先になかなか巡り合えないものである。先生が納得のいく転職をするためには、公開情報だけでなく、医療機関内部の情報にも精通した専門のコンサルタントが必要だ。サポートスタイルは、医療経営コンサルティングファームとしての独自の情報網と、熟練した担当者が医療機関を日々現地調査するという地道な情報収集によって、全国トップクラスの情報力を誇る。申込み後は専門知識豊富な専任コンサルタントが、先生の希望を最も叶えられる転職先を個別に探し出して提案。ベテランの先生に最もお勧めのサービスである。下記フォームからお申し込み下さい。

-医師のヘッドハンティング
-

© 2021 産業医紹介会社比較ランキング