産業医

専属産業医の年収は安い。臨床医にすぐ抜かれてしまいます。

専属産業医の年収は安い

産業医の収入

産業医の収入

産業医の報酬の相場は嘱託産業医、専属産業医によって異なります。前者は主に開業医が委託を受ける場合が多いのですが、産業医資格を持つ勤務医がアルバイトとして契約するケースもあります。後者は医師でありながら会社の正社員として働くものです。

嘱託産業医の報酬は契約する企業の業種や規模によって異なります。概ね月額5万円(労働者50人)~20万円(労働者999人)の範囲に落ち着きます。参考までに千葉県の公共事業所の場合、労働者200人未満で月額4万円台、労働者400人以上で月額9万円台となっています。また巡回訪問、危険を伴う現場への訪問には別途往診費用が支給され。なお、嘱託産業医の委託料は税法上「給与」として扱われ、消費税は課税されません。
[PR]産業医のお仕事を探すなら、産業医求人数業界トップのMCドクターズネットは外せません。今すぐ登録してください!

専属産業医の年収は実に安い

専属産業医の年収は企業の業種や規模によって異なります。相場は以下のようなものです。

卒後3~5年:週1日あたり200万円未満(週4日勤務で700~800万円)
卒後6~10年:週1日あたり200~250万円(週4日勤務で800~1000万円)
卒後11~15年:週1日あたり250~300万円(週4日勤務で1000~1200万円)
卒後16~20年:週1日あたり300~350万円(週4日勤務で1200~1400万円)
卒後21年以上:週1日あたり350~400万円(週4日勤務で1400~1600万円)
※外資系企業は英会話スキルが必要となるため、上記よりも10%以上高くなる。

忘れていただきたくないのは昇給の有無です。企業によっては昇給のない場合もあり、卒後間もない頃は専属産業医の給料が高く見えますが、数年で臨床医に抜かれてしまうのです。

週4日1200万円程度で昇給ストップという会社も少なくないのです。さらに悪いことに、企業によっては退職金が支給されない事業所もああります。長く産業医として勤務することを考えると退職金の有無は必ず確認するようにしましょう。不人気業種、立地が不便な場所等の場合は上記よりも高め、逆の場合は低めになる傾向がみられます。

産業医の年収は若いうちは相対的に高く見えるのですが、企業の給料はなかなか上がりません。すぐに臨床医に抜かれてしまうのです。高給を求める先生は慎重に判断されることをお勧めします。

-産業医
-

© 2021 産業医紹介会社比較ランキング