医師のヘッドハンティング

医師のヘッドハンティングの限界

医師のヘッドハンティングの限界

医師のヘッドハンティング

医師のヘッドハンティング

ヘッドハンティング業者に踊らされないで。

差出人不明のダイレクトメールを送りつけては開封させる手口が通用しなくなって来たのか、医師のヘッドハンティング屋は新しい手口を模索しているようです。ご注意ください。

エムスリーに登場して、意見を開陳しているところもあります。詳細は控えますが、私のところにも来ました。それは良いのですが、招聘したいという病院への形振り構わぬ攻勢が気に入らない。その病院の他科に部長を入職させました、と自慢。すぐにもう一人入職させますと自慢。科は違いますが、是非先生も入職をと勧誘してきました。丁重にお断りしました。

この話には続きがあります。最初に入職した部長が突如退職し、二人目が次の部長に。辞職された先生に話を伺うと、その会社は二人目を入職させることをその先生に通知せず。二人目は一人目よりかなり年上。寝耳に水の二人目入職で、やりにくくなると感じた一人目の先生は自ら身を引きました。二人入職させればそれだけ手数料は取れるけれども、一人目の先生に対する気遣いは無いのか?

エサを食い散らかして放置。まさにハゲタカ。ご注意ください。

ヘッドハンティング屋に頼らず転職する。

転職を考える先生に意識していただきたいのは、先生を採用する医療機関側の採用プロセスです。どのように医師を採用していくのでしょうか。

医療機関の人材採用計画は、募集人数は何人かということから立案をスタートします。大別すると、医療機関形態が一般急性期なのか療養慢性期なのかによって、医療法上の定数を超えて体制の充実を図るのか、あくまで定数ラインが採用計画の人数になるのかが決まることが多いです。定数を超えて募集する場合、どの診療科を強化するのかが重要であり、病院の特色を打ち出せるかどうかという問題に関わってきます。

また、特定の診療科の募集においても、責任者となる指導医クラスなのか、若手の採用なのかによって、自ずとターゲットが異なりPRポイントも変わってきます。具体的には若手の採用であれば、一番重視すべきは症例の質と量です。対象病院で身に付くスキルは何なのか。手術の件数が何件で、どれ程の患者数を担当するのか等をアピールします。

先生にしていただきたいのは、実際に医療機関にご勤務されているご自身のイメージ

とりわけ重要なことはその職場にご勤務されている自分のイメージを先生が持つことが出来るかどうかです。自分はこんな医師になりたい、今のこの状況を改善したいとお考えになるのが転職の第一歩であり、あの病院に行けば理想の自分に近づけると思い描けるかどうかが転職成功の鍵です。

近年、医師の転職市場において先生個人の生活の質を重視する傾向がありますが、先生が求める仕事とプライベートの両立に対応出来ることが望ましいということは言うまでもありません。そこでは、豊富なスタッフを抱え、最先端の医療機器を揃え、ブランドイメージが高く、給与と休みが他よりも多い・・・。そんな全てを兼ね備えた病院があるでしょうか。答えはノーです。その逆にPR出来るポイントが何もない医療機関はあるでしょうか。それも答えはノーです。

医師のヘッドハンティングサービスはこの点にこたえることができません。医療機関の目線でありすぎる故、医師視点のオーダーメイドなキャリアアップができません。ここに医師のヘッドハンティングサービスの限界があります。

大切なことは、医療機関が先生の働きに見合った十分な報酬を用意すること

大切なことは、医療機関が先生の働きに見合った十分な報酬を用意することだと考えています。そのような医療機関を探し出すことが肝要です。医師の視点でものごとを構築しなければいけません。

そこで、ご利用頂きたいのがオーダーメイド型医師紹介会社のサービスです。勤務したい医療機関を絞り込み明確にすることから始めます。例えば、心臓カテーテル治療が出来る医療機関であったり、学会の施設認定取得を前提とした専修医の採用であったり、内科全般を診療できる総合内科医のための研修コースの募集であったりと様々なニーズがあることと思います。ターゲットの絞り込みの次は、ご自身のご勤務意欲があることを医療機関側に伝達します。出来合いの求人だけでなく、先生個人個人にカスタマイズした転職活動を行います。

先生にとって必要な医療機関は、どこにでも転がっているグループ病院の平凡な求人ではなく、選りすぐりの特選求人のはずです。そのためには、先生に出来合いの求人を押し付けるのではなく、先生ご自身からご要望を詳細に伺ったうえで特定の医療機関に働きかけることが最も効果的な方法です。

先生個人のオーダーメイドの医師紹介サービスの詳細については、下記フォームからお問い合わせください。

-医師のヘッドハンティング
-

© 2021 産業医紹介会社比較ランキング