医局を辞める

円満な医局の辞め方、医局との良好な関係を維持する方法

円満な医局の辞め方、医局との良好な関係を維持する方法

医局を辞める

医局を辞める

「円満に医局を辞めたい」

と一度はお考えになったことがあるのではないでしょうか。しかし、医局を無理に辞めてしまえば引き続きその地域で医師として堂々と仕事をしていくことが難しくなってしまうかもしれません。転職先として素晴らしい病院を見つけたとしても、問題なのは円満な医局の辞め方、医局との絶妙な間合いの取り方です。円満な退局を経て、その後も医局と良い関係を築けている先生は押さえるべきポイントを押さえているのです。

先生が今後、円満に医局をお辞めになるために心掛けていただきたいポイントをまとめました。よろしくお願いいたします。

円満な辞め方1 やむを得ない状況を作る

医局長も人間です。辞めてしまうのもやむを得ない状況で退局を切り出せば無理に引き止めることは出来ません。

例えば、
病院経営している実家の親がそろそろ引退を考えているので、
跡を継がなければならないなどが良い例かと思います。

しかし全ての先生方の親が病院経営をされているわけでもないので、
最も使いやすいのが、家庭の事情です。

・親の介護
・子供の進学関係
・妻の勤務先の関係
などやむを得ない事情があると言えば、
そうそう引き止めることは出来ません。

この方法を使う大事なポイントは、家族の了解を事前に得ておくことです。
将来的なライフプランを提示しながら説明しましょう。

円満な辞め方2 絶えず情報収集をしながらタイミングを図る

先生が医局をお辞めになることによって、医局が最も迷惑するのは医師の人事の問題です。

言い出したタイミングが悪く医局人事が固まったあとに退局を申し出てしまうと、上手くいくものもいきません。先生は医局を辞めるタイミングをご存知ですか?

常に人事の状況を把握するために、医局全体の動きを日頃から情報収集しておく必要があります。

しかし、あまりに派手に動きすぎると、「あの先生、辞めるんじゃないか」と疑われることになります。そうならないよう、注意して行動していく必要があります。

円満な辞め方3 妥協案を提示する

先生がお辞めになることによって、医局側にはどのような影響が出てくるでしょうか?

医師不足が続いていれば、困った事になるはずです。
先生が先に医局に対して妥協案を提示して、 その見返りに医局を辞めさせてもらう取引が必要になります。

例として、
・1年間の期限付きで地方病院の勤務を申し出る
・無償の残業を快く引き受ける

このようにして僻地に行ってしまうと、嫌なこともあるでしょうが、歩み寄ることななく交渉するり、一定程度譲歩している分、交渉のテーブルについてもらいやすくなるでしょう。

円満な辞め方4 経験者からのアドバイスをもらう

すでに先生の前に医局を辞めている先生がいらっしゃり、その先生と連絡が取れるのであれば、経験者のアドバイスをもらうのが良いでしょう。

ただし「円満に辞めている」のが絶対条件になります。

円満な辞め方5 教授が変わるタイミングを狙う

教授が変わると、医局全体の方針や考え方が変わることが儘あります。

先生が医局を辞めたいタイミングと必ずしもタイミングが合うこと限りませんが、 この機会に乗じて上手に行動すれば、新しい医局の方針と合わないという自然な理由で退局しやすい状況が整うことになります。

この辞め方は、個人の技量が試されるので万人向けとは言いがたいのですが、辞めるタイミングや理由としては比較的申告しやすいものになるでしょう。

円満な医局の辞め方、医局との良好な関係を維持する方法

いかがでしたでしょうか?

円満に医局を辞める方法を考えてみると、改めて大変なことであると実感いただけたかと思います。サポートスタイル医師求人は、円満に医局を辞めたいと思う先生方のサポートを行ってきました。転職の成功事例が多数あります。

先生がめでたく医局を無事に辞めることができれば、
・これまで出来なかった領域の医学を学ぶことができる
・給与や条件なども飛躍的に良くなる
以前にも増して、活き活きと仕事ができるようになります。

・まだ考えがまとまっていない
・将来的に医局を辞めたいと考えている

そんな先生も、まずは気軽にご相談ください。これまでに積み上げてきた専門の知識と実績で、先生の転職をサポートしてきます。

-医局を辞める
-

© 2021 産業医紹介会社比較ランキング