医師のヘッドハンティング

医師のヘッドハンティングの劣位性

医師のヘッドハンティングの劣位性

医師のヘッドハンティング

医師のヘッドハンティング

医師が転職を考える動機は「医局を離れて就職しよう」「主体的に働ける職場で働きたい」「これまでの経験、専門性を生かして働きたい」「豊かな生活を送りたい」等の思いからではないでしょうか。ではどうやって実現しますか?
通常は主に上記の3つ方法になります。

1.知人からの紹介
2.医師紹介会社に登録
3.自分で探す

それぞれ特にデメリットはありませんが、敢えて言うならば「知人からの紹介」「自分で探す」場合、入職に際して事務手続きをしっかりする必要があります。

では前述の3項と比較しへッドハンティングでの転職の優位性はどのような点にあるのでしょうか?
ヘッドハンターは理事長、院長から直接命を受けていることが殆どです。
そのため前述の3つの方法に比べると以下の3点で優位になります。 それは以下の通りです。

1.スタートポジション
2.経営者との関係構築
3.仲介者を通じての高い評価

また、大学病院勤務が長い方や医局の関連病院しか知らない先生の場合、いざ「転職」となった際、勤務先としての医療機関を評価する事に関して苦労されることが多いのではないでしょうか。
欧米では「良い人生は、良いヘッドハンターと出会い次第」と言われています。
しかしながら、日本のヘッドハンターは相応の情報と相応の実績を兼ね備えていません。先生方が専門外は他科の医師にコンサルトするような感じで、ヘッドハンターと付き合うのは危険です。ご注意下さい。

それよりも、ご自分のキャリアはご自分で構築しましょう。
キャリアアップのご相談はこちらからお願いします。

-医師のヘッドハンティング
-

© 2021 産業医紹介会社比較ランキング