産業医

産業医の職務とは

産業医の職務

産業医の業務

産業医の業務

産業医は働く労働者の労働環境衛生を維持するためのものです。
それには医師としての専門的指導、労働者の健康維持増進が重要になります。時代と共に産業構造は変化していきます。IT技術の進化、作業方式の変化、社会情勢の変化など、変革する労働者の職場環境に応じて医学的な見知から対応するのが産業医の職務です。
労働者の健康維持増進活動やメンタルヘルス、健康情報の管理など様々な業務があります。産業医の業務を分類してみましょう。
[PR]産業医のお仕事を探すなら、産業医求人数業界トップのMCドクターズネットは外せません。今すぐ登録してください!

健康診断の実施と結果に基づく対応措置

これは労働者一人一人の健康状態を把握し情報を管理することです。改善点への対応や、必用あれば外部医療機関との連携を図っていきます。健康な労働者に関しては維持増進に努められるように促します。

職場環境の管理と改善

労働環境衛生が保たれてはじめて健全な産業活動が行われるものです。法に基づいて労働者が健全に働ける環境であるように働きかけます。そして、労働者の作業状況の管理を行うのです。健康的に働けるような作業内容になっているかどうかチェックします。労働者の健康は体の面だけではありません。心の健康管理も重要な仕事です。メンタルヘルスは年々一層重要になってきている仕事のひとつといえるでしょう。また、日々の健康教育や個々の労働者の健康相談にも応じます。
衛生的な職場環境を保持するために必要な措置を講じるだけでなく、従事する労働者ひとりひとりが労働環境衛生に関する認識と維持出来る知識をもつことも重要です。そのため産業医は労働者に対して衛生教育を行います。万が一労働者の健康障害が発生した場合には産業医がその原因を調査します。原因を把握し、再発防止策を立てるのです。労働者の健康障害は企業活動をストップさせてしまう事態ですから、産業医の役割は極めて重要な位置を占めているのです。

労働環境衛生の維持のために、現場を把握しておく必要性があります。状況の確認、様々な変化や改善点を見つけるためにも、産業医は職場巡視を行わねばなりません。月に一度は職場巡視をすることが義務付けられているからです。
専属産業医であれば他の労働者と同じく大抵は就業時間内勤務となりますから、病院医師と比較すると拘束時間が短く規則的に働くことができます。嘱託産業医の場合は、健康診断や職場巡視など、定期的に職場訪問します。その他健康相談等を随時受け付けるといった働き方になります。

-産業医
-

© 2021 産業医紹介会社比較ランキング