産業医

専属産業医が嘱託産業医を兼務可能! 距離移動時間1時間以内

専属産業医が嘱託産業医を兼務可能! 距離移動時間1時間以内

転職先に専属産業医を選ぶ先生が増えていますが、ネックは兼職の可否でした。
専属産業医単体での条件は悪くないものの、アルバイトができないためにトータルでみると臨床の求人に負けてしまうということが珍しくなかったのです。

産業医の兼職

産業医の兼職


専属産業医が他の事業場の非専属の産業医を兼務することについては、平成9年3月31日付け基発第214号
「専属産業医が他の事業場の非専属の産業医を兼務することについて」により、

  • 産業医の職務の遂行に支障を生じない範囲内において行われること
  • 産業保健活動をそれら事業場で一体として行うことが効率的であること

など、一定の要件の下に認められていました。

平成25年12月25日、厚生労働省によって専属産業医の兼職に関する重要な通達が昨年末に発せられていました。

「専属産業医が他の事業場の非専属の産業医を兼務する場合の事業場間の地理的関係について」

今回の通達において「地理的関係が密接であること」という条件に関して

  • 当該二つの事業場間を徒歩又は公共の交通機関や自動車等の通常の交通手段により、1時間以内で移動できる場合も含まれるものとして取り扱うこととする

との具体的な範囲が明確化されました。
これまで、対応する労働基準監督署によっては、「地理的関係が密接であること」=「同敷地内」という解釈が行われる場合もありましたが、今回の通達により対応が明確化されることになります。上記2つの通達から考えれば、基本的に元請と下請の関係にあって効率的かつ効果的な産業保健活動になるから認めているということが前提になっています。しかし多くの専属産業医の場合、研究日を設けることで週3.5日から4日勤務するというパターンが理想的ではないでしょうか。労働基準監督署に許可をとって承認を待つことになります。
今後、大きな産業構造の変化の中で、企業側も承認、産業医側も承認してることを考えれば、今後「専属産業医」のあり方、働き方が変わっていくことでしょう。専属産業医の事業所の近くに嘱託産業医のアルバイト先を確保することで低負担かつ高収益の専属産業医ワーキングスタイルを確立される先生が多く出られることを祈っています。

-産業医
-

© 2021 産業医紹介会社比較ランキング