産業医

産業医求人を個人で探すのは難しい

公にならない産業医求人を自力で探すのは難しい

非公開産業医求人

非公開産業医求人

産業医の求人の市場動向を考えます。

嘱託産業医の求人は昨今急増しています。厚生労働省は電通事件を受け、労働基準監督署員の増員を決めました。これにより企業はし従業員の過重労働対策をしっかりしなければいけなくなりました。産業医の需要も増えます。まだまだ産業医を選任していない事業所は多くありますが、今後は容赦なくメスが入るからです。クローズアップされている過労死問題は電通のみならずたくさん存在していますし、仕事でメンタルヘルスを病む社員も増加する傾向にあります。そのため、産業医の存在がますます重要な存在になってきているのです。産業医求人数は専属産業医よりも嘱託産業医のほうが多くなっています。

中小企業の嘱託産業医の求人は滅多に公にはならないため、個人で探すのは難しい

中小企業の嘱託産業医の求人は滅多に公にはならないため、個人で探すのは難しいです。大抵は医療機関が健診受注の見返りに、嘱託産業医も同時に引き受けているケースが多いため、職場内で依頼されるケースはありますが、個人で直接企業から請け負うケースは稀です。

[PR]産業医のお仕事を探すなら、産業医求人数業界トップのMCドクターズネットは外せません。今すぐ登録してください!

登録されたら、早速求人を見てみましょう

専属産業医の求人も多く存在しますが嘱託産業医求人のほうが多いです。嘱託産業医の勤務は月一回。50~数百名規模の中小企業の嘱託産業医です。月一回の法定業務のみを請負うケースが多いので、仕事内容もハードではありません。嘱託産業医の給料の相場は半日(実質2時間程度)で4~5万円なので、割が良いアルバイトといえるでしょう。中小企業の嘱託産業医の求人は滅多に公にはならないため、個人で探すのは難しいです。MCドクターズネットにご登録され、紹介を受けることをオススメします。

今後は企業における産業医の必要性も高まってきますから、産業医を選任している企業こそ経営基盤を強化できると言えるのです。今後は企業が産業医を選ぶのではなく、医師が企業を選ぶ時代になってくるでしょう。産業医の側が、御自身が納得して勤務できる環境をじっくり選択できる良い時代の到来です。

-産業医
-

© 2021 産業医紹介会社比較ランキング