産業医をお探しの企業様へ

産業医をお探しの企業様へ

経済状況や社会環境が目まぐるしく変化する時代となり、働く環境も急速に変化しています。“終身雇用制の崩壊”や“成果主義制度の導入”など、労働者を取り巻く環境は、日々変化し続けています。職場では健康で快適な環境づくりを提供することが重要な経営課題となってきました。また、健全な企業活動を維持する目的で、「労働安全衛生法第13条」では、50名以上の従業員が常駐する事業場は、『産業医』との提携が義務づけられています。『産業医』との連携により、多様化する時代の中で、事業所を働きやすい環境に整備すること、必要な対応を行うことは、社員の労働生産性の維持と企業のリスク・マネジメントやコンプライアンス防衛につながります。

産業医と企業様を結びつける強固なコネクションが大切です。業種や職種、企業風土や実態、労働者の傾向(年齢・性別・国籍)等の様々な条件とご要望に沿った産業医が大切です。

産業医の主な職務内容

  1. 労働安全衛生法規定による職場の巡視
  2. 労働衛生委員会への出席とアドバイス
  3. 従業員への健康増進提言
  4. 健康診断の数値チェックと改善アドバイス
  5. 健康診断後の事後指導
  6. 過重負荷労働者の健康相談
  7. メンタルヘルス相談
  8. 休職・復職の相談
  9. 健康維持管理の教育や指導
  10. その他、安全・健康指導(喫煙・生活習慣病・インフルエンザ・花粉症等)

産業医の仕事は、健康相談のほか、 職場環境の改善、労災の防止・過重労働対策・メンタルヘルスといった問題も産業医の大きな仕事です。 会社の実情を知ってもらうためにも、職場巡視を励行し、衛生委員会を開催するなど社員の生の声を聞いてもらうことをお勧めします。メンタルヘルスに関しても、社員本人だけでなく周囲や職場環境をもアドバイスしていただくとよいでしょう。

当サイトは、産業医と企業を結ぶ独自のシステムを構築しています。

© 2021 産業医紹介会社比較ランキング