医師のヘッドハンティング

医師のヘッドハンティングは来て当然、来ない先生は心配したほうが良い

医師のヘッドハンティングとは?

医師のヘッドハンティング

医師のヘッドハンティング

医師のヘッドハンティングが話題になったのはここ数年のことです。へッドハンティングとはもともと「外資系金融機関」が「優秀な営業マン」を「支店長に抜擢」といったストーリーが定番でした。つまり、自前で育てるよりも、他社で十分力のある人物を引き抜く方が手っ取り早い、という戦略でしょう。

ヘッドハンティングを装った罠にご注意

誰でも「貴方を必要とする会社があります。ぜひ来て頂きたい…」といわれれば悪い気はしないでしょう。特に「貴方だからこそ…」などと指名されてくれれば、誰だって相手先を見てみるか、と腹の中でにやりとしてしまうものです。

では、医師の場合はどうなんでしょうか?驚くべきことに、ここ数年で医師に特化したヘッドハンティング業者が激増しています。医師の転職が当たり前の感がありますが、これはあくまでも医師が自分の意志で転職エージェントのサイトに登録するという「能動的」なものです。

ですが、自ら転職の扉を叩かなくても、ある日突然ヘッドハンティングサービスから電話がある、というのは「受動的」なもの。業者も、忙しい医師の懐へ飛び込んで、あわよくば真っ向勝負と考え始めた先がヘッドハンティングサービスなのです。
面白いことに、ヘッドハンティングコールを受ける医師は「若い医師」が結構多いという事実があります。「私はまだ30そこそこ、この病院にも赴任して2年ばかりですが…」という医師、そんな自分の腕を欲しがっている病院などあるのだろうか?そう考える医師は少なくないでしょう。

喜んではいけない

ですが、そこがヘッドハンティングサービスの狙い目なのです。若い医師は柔軟性がありますし、体力もあることから、特に大病院では必要な戦力です。系列の多い病院であればあるほど、若い医師を育てるシステムが整っています。執刀数の縛りがある外科医ですと、更新するにはそれなりの病院の方が有利なのは事実です。

そして、あとは医長などの管理職医も高額報酬で院長に…というヘッドハンティングも非常に増えています。優秀な医師だからこそ、招聘したいという大学病院もありますし、大病院もあります。また、地方の中核病院などでは、総合臨床医として経験のある医師は非常に貴重な戦力です。

ヘッドハンティングされることについて、どう感じられるでしょうか?「自分の価値がどの程度なのか知りたい」「今の環境のままで安住するのは良いのだろうか」…おそらくヘッドハンティングコールでそう感じたのかもしれません。大事なことは「ヘッドハンティングコール」がないよりは、ある方がいい、という事実です。誰でもローラー式にダイレクトメールを送りつけられているのが現状だからです。ないのは寂しい、何かブラックリストに載ってしまっているというのが実態でしょう。

怪しいダイレクトメールに呼応するより、自分から動くほうが良い

ベテランの先生は医師のヘッドハンターからの連絡を待つより、キャリアのある先生を専門とする医師紹介会社のサービスを利用されたほうが良いでしょう。院長職、部長職などに特化しており、納得のいくポジションを選べます。キャリアアップのご相談はこちらからお願いします。

-医師のヘッドハンティング
-

© 2021 産業医紹介会社比較ランキング