産業医

産業医への転身はアリ?

産業医への転身はアリ?

産業医の業務

産業医の業務

産業医として働く先生がいらっしゃいますね。先生の周りにもいらっしゃいませんか?転職して産業医になるのはたくさんのメリットがあるのは事実ですが、特殊な環境での仕事ゆえのデメリットもあります。ここでは産業医への転職を考えている方のために、産業医の仕事内容や必要な資格、また産業医として働くことのメリット・デメリットについて解説していきたいと思います。

産業医の種類について

産業医には専属産業医と嘱託産業医がいます。それぞれの違いをみていきましょう。

専属産業医

専属産業医は企業の組織の一員として働き、従業員の健康管理を行なう産業医のことです。勤務時間は企業の業務時間に準ずる9~17時が一般的です。

嘱託産業医

嘱託産業医は企業と契約し、職場巡視や面接を担う産業医のことです。嘱託の場合は月に1回~複数回契約先の企業に出向くといった非常勤での勤務となります。

産業医が必要となるのは労働者数50人以上の事業所です。50~999人規模の事業所は嘱託もしくは専属産業医、1000~3000人規模の事業所は専属産業医、3001人以上の事業所は2人以上の専属産業医の選任が「労働安全衛生規則」で義務付けられています。

産業医の役割と必要な資格

産業医は総合病院に勤務する医師とどのように違うのでしょうか?産業医の役割と産業医に必要とされる資格について解説します。

産業医の役割

厚生労働省の「労働安全衛生基本調査」によると、健康診断関連の業務、健康相談・保健指導の実施、職場巡視が産業医の役割です。最近では長時間労働者に対する面接指導、高ストレス者への面接指導・ストレスチェックといったメンタルヘルスケアが特に重視されています。

産業医になるために必要な資格

産業医になるためには、医師免許に加えて労働安全衛生法で定められた要件をクリアして産業医資格を取得しなければなりません。産業医資格を取得する方法として一般的なのが、日本医師会や産業医科大学の研修を受けることです。

取得方法① 日本医師会による研修

日本医師会ならび都道府県医師会が実施する産業医学基礎研修を50単位取得するか、それと同等以上の研修を修了したと認められると、日本医師会認定産業医の称号を与えられ認定証が交付されます。

産業医としての資格の有効期間は5年間ですが、その間に産業医学生涯研修20単位以上を修了することで更新できます。

取得方法② 産業医科大学による研修

産業医科大学が4~5月の約2カ月間にわたって開催している産業医学基本講座を受講して修了すると認定証が交付されます。

また、夏季には6日間で集中的に産業医学を学ぶ産業医学基礎研修会の集中講座が開かれていて、50時間の研修を修了すると産業医の資格を得ることができます。

産業医に転職するメリット

医師の転職先として人気の高い産業医。産業医にはどんなメリットがあるのか、具体的にみていきましょう。

夜勤がない

総合病院に勤務している医師の場合は、基本的に当直を担当することになります。そして、救急医療に取り組んでいる病院であれば、満足に眠ることができないまま朝を迎えることも少なくありません。そのような状態が日常的になってしまうと、肉体的にも精神的にも疲労がたまってしまいます。

産業医は企業の業務時間内で勤務するので、当然夜勤はありません。なので産業医になると、病院勤務の医師と比べて規則正しい生活をすることができます。十分な睡眠をとることができるので、肉体的にも精神的にも楽というメリットがあります。

休日診療がない

産業医は企業の業務時間内で勤務しますので、土日や祝日は休みであることがほとんどです。そのため、プライベートも充実できるというメリットがあります。

残業がない

病院勤務の医師と違って、企業に勤務する産業医には残業がないというメリットもあります。定時に帰ることができるので、帰宅後にゆっくりくつろぐことができますね。

産業医に転職するデメリット

産業医にデメリットもないわけではありません。産業医のデメリットをご紹介しましょう。

専門外の疾患を持った従業員への対処

企業に勤務する産業医の多くは、メンタルの不調を抱える従業員のケアにかかわります。
しかし精神科医ではない場合、うつ病などの専門外の疾患を持った従業員への対処方法については難しく感じる医師が少なくありません。病院勤務の医師と違って、産業医は専門外の疾患を持った従業員にも対応しなければならないというデメリットがあります。

ジェネラリストとしての役割がもとめられる

産業医には従業員の健康管理からメンタルヘルスのケアまで、幅広い分野にわたって仕事を行なうジェネラリストとしての役割がもとめられます。また、健康課題がないかを見抜くだけのコミュニケーションスキルも必要とされます。

労働安全衛生法や労働契約法など関連法規への知識が必要

従業員の心身の健康を守るために働く産業医には、医師としての幅広い知識だけでなく労働安全衛生法や労働契約法など関連法規の知識も必要であるというデメリットもあります。
これらの法律は頻繁に改正されるので、産業医はそれを熟知し、改正された法律に則った働き方を企業に指導する責任もあります。

産業医の市場動向

産業医の市場動向としては、企業からの産業医の需要は高いものの、医師からの人気も高いためすぐに埋まってしまい、募集企業はなかなか見つけにくいというのが実情です。良い求人情報を待っていても、なかなか産業医への転職を成功させることは厳しいでしょう。

産業医の求人を探すには医師転職エージェントがおすすめ

産業医の求人を探すには、同じく民間企業である医師転職エージェントを活用するのがおすすめです。もちろん、医師転職エージェントでも常に希望の求人があるとは限りません。しかし登録しておくことで求人情報が新しく出た場合すぐに情報が得られるメリットがあります。

医師転職エージェントとの関係を保っておくのが重要

医師の中には転職エージェントに登録すると、それで満足してしまう人もいます。あとは「コンサルタントから求人情報の連絡を待つだけで大丈夫だろう」と考えてしまうのです。もちろん、求人情報の連絡を入れることは医師転職エージェントのコンサルタントの仕事ではありますが、医師転職エージェントにとっての最大のお客様は求職中の医師ではなく、お金を払って産業医の紹介を依頼する企業の側になります。そのため企業におすすめできる人材を紹介したいと考えるのが普通です。

ですから、実際には医師転職エージェントに登録するだけでは不十分で、コンサルタントにとって魅力的に思えるように自分を売り込むことも必要です。

定期的にコンサルタントと連絡を取って転職の相談をしたり、新たな求人情報はないか尋ねたりしてコミュニケーションを図ると、コンサルタントとの良い関係を築くことができるでしょう。

そのようにして医師転職エージェントと良い関係を保っておくと、優先的に産業医の求人情報を案内してもらいやすくなるはずです。

まとめ

医師の転職先として人気の産業医。企業で働く産業医には夜勤や休日診断・残業がないといったメリットがあります。しかし、人気が高いのですぐに埋まってしまい、思うように転職できない医師が多いのが実情です。

産業医への転職を考えているなら医師転職エージェントを利用するのがおすすめです。

[PR]産業医のお仕事を探すなら、産業医求人数業界トップのMCドクターズネットは外せません。今すぐ登録してください!

-産業医
-,

© 2021 産業医紹介会社比較ランキング